人生を豪快に生きろ

はじめまして、こんにちは。
ここで出逢えたことに感謝いたします。
自分の人生を面白く楽しく自由に生きる人のために、その支えになれればと思いこの場を作成しました。
私たちの考え方を一つの物語のようにしてみました。
少しの間ですが、楽しんでいただけることができればこの上なくうれしく思います。

コインパーキングの世界に大きな風を巻き起こそう。

これからのコインパーキング業界は、少し変化を求められる時代かもしれません。
コインパーキングも数が増えすぎてきて、売り上げが上がらなくなってきており、
他人の土地を借りてコインパーキングにして商売するやり方が難しくなると思われます。

ある人物は悟った、これから先は機械のメーカーしか生き残ることができないと。
だったら機械メーカーになろう、そして土地を持つ地主さんに直接機械を売るか貸す方法で商売をしよう。
売り上げをすべて地主さんに渡し、管理費と機械の賃料のみをいただく商売をしよう。
土地を借りて他人がコインパーキングを行う時代は、もう終わりにしようということを。

革命を起こそう

草を食べてでも兵器の開発をしようとした人物がいたとする。
小さな組織であるのに外界との付き合いをほとんどせず、大きな組織と互角に戦うための爪をとぐ。
善悪は別にしたとして、その本質の根底にあるものは人間個人の本質そのものかもしれない。
王将や大将に求められるものは、組織の大小にかかわらずいつも同じだ。
打っていいのは打たれる覚悟のある奴だけだ。

この世は弱肉強食。自由に生きたいなら強くなれ。

力がなければ自由に生きることができない。
ささやかでもいい、自分ひとりで生きる力を手に入れよう。
そうすれば自分一人でも強く生きることができるのではないだろうか。
自分ひとりで生きることができるなら、組織に服従する必要はないのだ。
自分の人生を変えるには絶え間ない努力とチャンス、そして少しの勇気が必要だ。

小さな人間が大きな相手に立ち向かう。

どんな大きな企業や組織も初めから大きかったわけではない。
始まりはささやかなもので、ひとりぼっちであったかもしれない。
最初の一人が現れない限り、世の中や業界を変えることができないし
一人だけでも大きな結果を成し遂げることはできない。
小さな炎が灼熱の劫炎に変わるために、最初の炎が必要だ。

常識を疑え

常識の中で生きることを私たちは学校教育の中で「それが常識だ」と植え付けられている。
常識は常識ではなく、常識と認識させられたものかもしれない。
時として、非常識が常識を覆す時もある。
1%の人間が関心を持っていることが、次の時代のトレンドだ。

見た目だけは人間

組織のトップに立つ者は、見た目は人間に見えるが、人間を超える能力のようなものが必要だ。
人が働いているとき自分も働き、人が寝ている時も自分は働くような
常人を超える努力をしなければならない。
生まれながらのものも問われることもあるが、
誰にでもできることを誰にでもできないぐらいにする能力、
こちらのほうがはるかに大切だ。
努力に勝る天才なし。

退屈な組織で生きることは人生の無駄遣い。

自分の時間を代償に、人はお金を得て生活している。
働くことから逃げることができない私たちは、
せめて働きたい場所で働き、ついていきたい人の下で働きたいものだ。
生きることが退屈だと思うなら、死ぬぐらい大変な努力をしたくなるような場所に飛び込むことだ。
この人と一緒なら死んでも構わない、と思える人との出逢いを人生のどこかで。

自由に生きろ。

明日から自分の行きたい場所に好きなだけ行くことができる人は何人いるだろう?
少なくはないが、ほとんどの人は時の咎人にすぎない。
永遠の自由ほどつらいものはないが、自由がなさすぎる人生もこれと同じだ。
何の才能もない自分が、明日から自由に生きることはそんなに難しいことだろうか。

人より努力したものだけが、自分の時間を自分に使える。

全ての人間が唯一平等に与えられたものが「死ぬこと」だけだとするならば、それ以外はすべて不平等。
自分にとってどんな人生が幸せかはわからないが、
せめて「生まれてきてよかった」と思える人生にしたい。
「生きることってオモレーやろ?」 「男に生まれたら自由に生きないかん」
そんな言葉を教えてくれる人物がいた。

人生を面白く生きろ。

自由とは何だろう?自分らしいとは何だろう?幸せとは何だろう?
自分が努力できるものに自分が出逢い、自分の心が楽しいと感じ、
自分の人生を賭けるに値すると自分が思えた時ではないだろうか?
「幸せ」と「大変」は常にバランスがとれていて、その間の一瞬に自分の人生を感じる。
思いっきり笑おう。

なんじゃコラ! かかってこんかい!!

王者の言葉である。
この言葉を小さな子供のうちから言うことができれば、名人や横綱になることができる。
最近の日本で、この言葉を聞かなくなったから日本人横綱は現れなくなり活躍できなくなった。
かかってきたものだけを迎え撃つ、王者の言葉を言う人物が今の日本には必要だ。

ここ掘れ、ワンワン。

世の中に新しい商売はもうないと言われているが本当か?
「ここ掘れワンワン」と言った犬がビックリするようなことは世の中にはないのだろうか?
少し掘って金銀財宝が出てくるわけないが、相当深くまで掘る価値ある場所はどこだろう?
神様にしかわからないが、コインパーキングの業界は大きく変わるかもしれない。